Unityカメラについて 分からなくなったらProjection をOrthographicにしようと思う。

【Unity】カメラの基本設定を理解しよう!|Camera入門① – XR-Hub

こちらを参考にさせていただき、自分に合った設定をメモしておきます。

 

今のところ、平面のプロジェクトしか作らないということを前提に。

 

Clear Flags   はSolid Color

Background は好きな色

Culling Mask は Everything(映したくない物はチェック外す)

  どのチェックを外せば良いのかについては、

  映したくない物を選択した状態でInspectorを見る。

  一番上のLayerに書いてある表示を覚えておいてチェックを外す。

Projection は Orthographic(これで迷いがだいぶ減りそう)

Size は 小さいほど遠ざかるのでその時に合わせて

Clipping Planes は

  Near も Far も 映れば良いかな・・・

  どこから初めてどこまで映すかなので、遠くを映したければFar調整で。

Viewport Rectは 

  X、Y は0

  W、H は1 

 

一番は

Projection は Orthographic

 

もう、これだけは忘れないようにやっていこうと思います。

 

ところで、今、ImageとCubeと両方作っているのですが

カメラをどれだけ動かしても

Imageはcanvas上の位置から動かない。

動くのはCubeの映り位置だけです。

 

これは

【Unity入門】徹底的に使いこなそう!Canvasのまとめ | もぎブログ

↑こちらがとても分かりやすかったです。

 

canvasのInspectorの中にあるCanvasの中の

・Render Modeが 

  Screen Space -Overlayになっているからでした。

  これだと、Canvasは直接画面に表示されているらしいので、

  他のオブジェクトが手前にくることは無い・・・

  追記(ことも無いかも知れない。まだよく分からない)

  今、やりたい

  「画像の背景色としてCubeの色を変える」には最適かも知れません。

 

  尚Screen Space -Camera だと、canvasとカメラの距離を

  Plane Distanceで変えられます。面白いです。

  Cubeの手前にしたり後ろにしたりもできます。

 

  Cubeと同じように映したいなら

  World Spaceですが、これは慣れないと自分には難しそう。

 

 

以上、あまりよく分かってなかったカメラについて、

少し勉強した結果をメモとして残しておきます。